ED薬利用の際の悩み

ED薬に関する疑問や悩みについて紹介したいと思います。

まずパートナーにED薬を飲んでいることを言うべきが言わざるべきか悩んでいる人も中にはいると思います。

人によってはED薬に対して偏見の目を持っている人もいます。

副作用などについて心配する人もいると思いますが、どれもパートナーに影響を及ぼすことはありませんからED薬を飲んでいることはパートナーに言って理解してもらうことが大切だと思います。

そしてED薬を飲んでいるときにお酒を飲んでもいいのか疑問に思っている人もいると思いますが、大量にお酒を飲むということはEDを起こす原因にもなります。

少量のお酒なら逆にリラックスすることが出来るのでEDの薬を飲んでいてもいいと思いますが量をわきまえたほうがいいようです。

EDの薬は心臓に負担をかけると思っている人もいるようですが、心臓に負担がかかってしまうのはEDの薬のせいではなくて性交そのものだといわれています。

ですが、EDの薬を飲む際には心臓が弱い人や持病がある人は一度医師に相談してから処方してもらうようにしたほうがいいと思います。

ED薬を飲むに当たって不安なことや悩み、聞きたいことがある場合には、医師に相談してすっきりとした気持ちで服用したほうが安心だと思います。

機能的EDというED

機能的EDというEDの種類がありますが、これは心因性EDと精神病性EDに分けることが出来ます。

例えば、心因性EDでは性的な何らかの問題が原因になっているときと、性的な問題ではないことがEDの原因になっているといわれています。

EDの性的な問題の場合は例えば新婚なので緊張していてEDになってしまった場合や、過去に性交で失敗をしていてそれによってEDになったり、性に対して罪悪感や羞恥心などがある場合にEDになることがあるといわれています。

機能的EDの性的な問題ではないEDの場合には、例えば、転職をしたり転勤やリストラにあったときなど、職場の環境が変わったときに不安に感じているためにEDになったり、家庭に何らかの問題があってストレスになっているときなどにEDになることがあります。

精神病EDというのはうつ病や自律神経失調症などになっていることが原因でEDになるといわれています。

このように機能的EDといっても二種類のEDがあります。

それぞれ原因の内容によって分けられるので、EDの治療の際には何か悩み事を抱えていることがあったりストレスに感じていることがある場合は医師に相談するといいと思います。

これらのEDの場合はその問題が解決すれば治ることが多いといわれています。

タグ:機能的ED

ED治療薬の輸入

ED治療薬は保険が適用されない薬です。

ですから少しでもED治療薬を安く購入したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ED治療薬は効果なくすりなので、偽造品がインターネットで販売されたりしています。

それも格安で販売されているために高価なED治療薬を購入することが出来ない人がインターネットなどで購入してしまうといった現状があります。

しかし海外で作られているED治療薬はほとんどの場合、違法に作られていて不潔で衛生状態も悪いような場所で作られていたり含有成分も均等になっていたために成分的にも本物のED治療薬とは比べ物にならないくらい危険だといわれています。

見た目には病院のED治療薬と同じように見えるために、インターネットなどで手軽に購入してしまう人がいるのですが本当に危険です。

危険なED治療薬を服用してしまって体に障害が起きたりED以外の病気になったりしても自己責任になってしまいます。

怪しい経路でのED治療薬は絶対に手を出してはいけません。

きちんと処方されたED治療薬を服用するようにしましょう。

輸入された違法のED治療薬を購入する人がいるから販売する人がいるのです。

危険ですから絶対に購入してはいけません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。