手術や外傷によるED

手術や外傷によってEDが起きることがあるといわれています。

例えば前立腺がんや膀胱がんなどの摘出手術を行ったことのある人、直腸がんの切除手術を行ったことがある人などは、EDになりやすいといわれていました。

昔はガンの手術などを行う際には再発しないように、できるだけたくさん切除を行っていたのですが、最近では手術をしてからの勃起機能を残すためにも神経や血管を残して手術をしているといわれています。

しかし手術や外傷によってどうしてもEDは防ぐことが出来なくなっているのです。

ですからそれらの手術をする場合には医師と手術前にEDになる可能性やEDについて、十分に話し合うことが大切になってくるかもしれません。

また手術だけでなくEDは交通事故や骨折などによっても起こるといわれています。

交通事故にあって骨盤骨折をした人や脊髄を損傷した場合などにEDになりやすいといわれています。

外傷によるEDの場合には時間はかかるかもしれませんし、神経の反射機能によって違ってはくるものの完治してEDの症状が出なくなることもあるといわれています。

また、EDの治療薬を使えば若い人の場合は、効果があらわれてEDが治ることもあると言われています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。