薬によるED

"薬によるEDについて紹介したいと思います。

薬を飲んでいる人は薬によってEDになる可能性があるといわれています。

例えば、抗うつ剤や降圧剤などを普段飲んでいる人は薬によってEDが起きるといわれています。

これらの薬というのは中枢神経や末梢神経に働いたりする薬が多くてそれはEDに関係しているといわれているのです。

中枢神経に作用している薬として有名なのは風邪薬や解熱鎮痛剤、抗うつ薬や抗精神薬、睡眠薬などがあるそうです。

これらを日常的に服用している人というのは薬の影響でEDになりやすいといわれています。

また、末梢神経に作用するような薬や循環器系に働くような薬などを服用している人も、EDになりやすいといわれています。

この場合薬を飲んでいるということは何らかの体の症状があったり病気になっているので飲まざるをえない状況だと思いますからEDになるからと言って薬の服用をやめるのは難しいともいえます。

完治できる病気の場合は完治するまでEDの症状が出ても仕方ないのですが飲み続けなければならない場合などのEDの症状については医師と相談して決めるのが一番いいでしょう。

医師にEDの症状が出ていることを告げて相談して薬をかえたり、対処できることをアドバイスしてもらうだけでも精神的にも楽になると思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。