EDの問診と診断

EDの問診と診断について紹介したいと思います。

EDの問診と診断ではまずは医師が患者がかいた問診表をもとにして、口頭でEDについての問診をします。

EDの治療の場合は他の病気と違って医師と向かい合って話すとEDという内容が内容だけに上手く話せない人もいるようですが、あまり緊張せずに、雑談すると思ってEDについて気軽に相談するのが一番いいと思います。

初診の時には問診を行って採決や尿検査などの簡単な検査をして、その結果と問診の結果をあわせてEDであるかということを判断して原因についても説明があると思います。

そしてEDであると診断された場合には、すぐにEDの治療をすることになると思います。

問診だけで場合によってはEDであると判断された時には、EDの治療薬が渡されてすぐに治療が開始されると言うこともあるようです。

そしてED治療薬を使ってみて効果があらわれればそれでいいのですが効果が現れない場合には、また診察してもらって追加のED治療が行われることになると思います。

EDの治療薬を処方してもらう場合には、症状にあわせて処方されるわけですが、中には薬を使えない人もいますからその場合は医師と相談して漢方薬などを使ったり、心因性EDの場合にはカウンセリングなどを受けることになります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。