EDの心理療法

EDの心理療法について紹介したいと思います。

EDの心理療法というのは何かというと、20代から30代の若い人に多いEDの症状で心因性EDというのがあります。

これは精神的なことからEDになる症状のことを言います。

ED治療薬を使ってEDを治療するのですがそれだけでは心因性EDの根本的な治療にはなりませんから、それと同時にEDン心理療法を行う必要があるといわれています。

EDの心理療法では例えばまた失敗してしまったら等と考えてしまうプレッシャーなどを自分でコントロールできるようになるために、EDの相談に乗ったりカウンセリングなどを行うことが目的なんだそうです。

EDの心理療法はカウンセリング中心で、カウンセリングを行ってEDの症状を改善しようというものです。

ストレスがたまっていることが原因でEDになっているのであればそのストレスを改善できるように考えたりといった色々な方法がとられています。

EDの心理療法は心因性EDの人には効果がありますが、カウンセリングを受けて直すだけでなく、ED治療薬との併用がいいといわれています。

EDの心理療法ではパートナーと一緒に受けてもいいですし本人だけで受けてもいいと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。