EDのホルモン療法

EDのホルモン療法について紹介したいと思います。

EDのホルモン療法ではEDの原因が男性ホルモンが減少によるものだというところから、男性ホルモンを注射することによってEDの症状を改善しようという治療方法です。

EDのホルモン療法は注射によって男性ホルモンを体の中に入れてそれによって低下している勃起機能を改善してEDを治療しようというものです。

このED治療に使われている男性ホルモンというのは市販の精力剤などにも含まれていて市販の精力剤がEDに効くというのはきっと男性ホルモンが体の中に入ったことで勃起する力が出てきてEDが改善されていると思われます。

男性ホルモンは年齢を重ねるごとに低下していくといわれていますから、EDのホルモン療法は比較的若い世代の人たちよりも、年齢が50代から60代の男性のED治療に使われることが多いといわれています。

男性ホルモンは自分の体の中にどれくらいあるのかということを病院で測定することができます。

測定の結果EDが男性ホルモンンの減少からおきているなどという事がわかると思います。

男性ホルモンによってEDになっているのかどうか気になるという人は一度病院で男性ホルモンについて調べてもらったり、EDの相談をするといいと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。