EDの治療薬と効果の副作用

ED治療薬の効果と副作用について紹介したいと思います。

ED治療薬が自分に効果があるかどうかということはEDの原因にもよるといわれています。

ED治療薬がEDの治療に効果があったと実感している人というのは10人中7人ほどだそうです。

心因性のEDの人の場合は自信さえつけば服用しなくてもよくなったりします。

ED治療薬は医師の処方によって服用するようにして、はじめは少ない量から始めて効果がなくなってきたら増やすようにしたり、ED治療薬の種類を変えるようにしましょう。

ED治療薬の効果はEDの原因によって違うということがわかりましたがED治療薬は副作用が無いのかどうか心配なところですね。

ED治療薬の主な副作用としては、顔面が紅潮したり、頭痛になったり、消化不良を起こしたり、目に異常を訴える人が中に入るといわれています。

また、ED治療薬を飲んで性交して4時間以上たったのに、まだ勃起の状態が続いていて痛いなどといった場合には異常だと思われますからすぐに泌尿器科に行くことをおすすめします。

ED治療薬は服用の注意点を医師からきちんと聞いて、守って飲んでいれば効果があらわれますし、副作用も少ないといえますが間違った服用の仕方などをしている場合には、副作用や危険な状態にもなりますから注意が必要です。

タグ:副作用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。