薬によるED

"薬によるEDについて紹介したいと思います。

薬を飲んでいる人は薬によってEDになる可能性があるといわれています。

例えば、抗うつ剤や降圧剤などを普段飲んでいる人は薬によってEDが起きるといわれています。

これらの薬というのは中枢神経や末梢神経に働いたりする薬が多くてそれはEDに関係しているといわれているのです。

中枢神経に作用している薬として有名なのは風邪薬や解熱鎮痛剤、抗うつ薬や抗精神薬、睡眠薬などがあるそうです。

これらを日常的に服用している人というのは薬の影響でEDになりやすいといわれています。

また、末梢神経に作用するような薬や循環器系に働くような薬などを服用している人も、EDになりやすいといわれています。

この場合薬を飲んでいるということは何らかの体の症状があったり病気になっているので飲まざるをえない状況だと思いますからEDになるからと言って薬の服用をやめるのは難しいともいえます。

完治できる病気の場合は完治するまでEDの症状が出ても仕方ないのですが飲み続けなければならない場合などのEDの症状については医師と相談して決めるのが一番いいでしょう。

医師にEDの症状が出ていることを告げて相談して薬をかえたり、対処できることをアドバイスしてもらうだけでも精神的にも楽になると思います。

手術や外傷によるED

手術や外傷によってEDが起きることがあるといわれています。

例えば前立腺がんや膀胱がんなどの摘出手術を行ったことのある人、直腸がんの切除手術を行ったことがある人などは、EDになりやすいといわれていました。

昔はガンの手術などを行う際には再発しないように、できるだけたくさん切除を行っていたのですが、最近では手術をしてからの勃起機能を残すためにも神経や血管を残して手術をしているといわれています。

しかし手術や外傷によってどうしてもEDは防ぐことが出来なくなっているのです。

ですからそれらの手術をする場合には医師と手術前にEDになる可能性やEDについて、十分に話し合うことが大切になってくるかもしれません。

また手術だけでなくEDは交通事故や骨折などによっても起こるといわれています。

交通事故にあって骨盤骨折をした人や脊髄を損傷した場合などにEDになりやすいといわれています。

外傷によるEDの場合には時間はかかるかもしれませんし、神経の反射機能によって違ってはくるものの完治してEDの症状が出なくなることもあるといわれています。

また、EDの治療薬を使えば若い人の場合は、効果があらわれてEDが治ることもあると言われています。

神経障害とED

神経障害によってEDが起きる場合があるといわれています。

勃起の正常な起こり方というのは刺激を受けてから神経に伝わるという順番ですが、神経に何らかの障害が合った場合にはきちんと役割を果たしてくれませんから勃起できなくなってEDになりやすいといわれています。

性的な刺激を受けて神経が情報を脳に伝えて勃起させますからそれが伝わらないということはEDになるということになります。

EDになるといわれている神経障害の病気には例えば脳出血や脳腫瘍、そして脳外傷やパーキンソン病など、自律神経に障害が起きてしまうものはEDの原因になるといわれています。

ところが今まではあまりこれらの神経障害とEDの関係性が言われていなかったそうです。

近年になって、EDの治療薬などが発売されるようになり、EDという言葉が世間一般的にひろがるようになってから、リハビリテーションの場所などでも神経障害のリハビリテーションの一貫としてEDに対する相談などを受けてくれるところも増えてきたといわれています。

神経障害とEDはとても密接に関わっていて神経障害の度合いによっては完全なEDの状態になってしまうこともよくあるといわれていますが、軽い神経障害の場合のEDは改善することが出来る可能性が高いといわれています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。