EDを相談されたら

女性がパートナーからEDかもしれないと相談される場面というのは意外と少なくないといわれています。

男性から自分がEDかもしれないと相談された場合には、非難したり、起こったりせずに話を聞いてあげましょう。

男性はEDによって自分に魅力を感じてもらえないとか、他人との勃起の力などを比べたがるといわれています。

でも、女性の場合は、男性から愛されているという行為が素敵だと感じていて勃起の有無はあまり関係ない人が多いので、それについても伝えてあげると良いでしょう。

男性もきっとEDによるプレッシャーが軽くなるのではないかと思います。

EDの治療を相談されたら、一緒に病院へ行こうと声をかけてあげるくらいの女性になりましょう。

なかなか男性も1人でEDの治療をしにいくのは勇気がいりますし、EDについて女性に相談したことでも勇気がいることだったと思います。

EDの治療を一緒に行ってあげることで男性も安心ですし、やはりあなたとの絆も深くなるのではないでしょうか。

EDの治療は協力したほうが早く治るといわれているので一人で悩まないで一緒に悩んであげるのがいいと思います。

EDを相談されたら女性としてパートナーとして相手の不安を取り除いてあげて一緒に治療をしてあげるくらいの気持ちを伝えてあげると一番いいと思いますね。

女性とED

女性はパートナーがEDかもしれないと感じた時にはどうすればいいでしょうか?

EDというのはデリケートな問題ですし、EDを一緒に乗り越えていくためには色々と女性もEDについて理解しておかなければいけません。

まずEDは今日本では1000万人以上もかかっている人がいる程ですから誰でもかかりやすいということを覚えておいていつかかっても驚かないくらいの心構えが必要です。

そしてすぐにEDだと決め付けるのもよくありません。

一回二回の失敗の場合は体調やストレスなどが関係していると思ってあげて下さい。

EDかもしれないとはじめから言うのではなくてフォローしてあげましょう。

そして他人と絶対に比べたりせずに、EDをわかったときでも接し方には注意しましょう。

パートナーがEDかもしれないとわかっても、パートナーを絶対に責めてはいけませんし怒ったりするのもよくありません。

軽いEDが、女性の心無い一言によって重度の心因性のEDになってしまう事があります。

女性がさらにEDを悪化させることもあるといわれていますから十分にパートナーへの言動や行動は注意することが大切です。

もしも相手がEDだったら、一緒に病院へ行ってあげるくらいのきもちで接してあげるのがいいでしょう。

EDの治療は二人で行うものです。

タグ:女性とED

その他のED治療法

ED治療は色々あってEDの原因によってその治療方法も違っています。

例えば、薬を使ったED治療もあればホルモン療法もありますし、カウンセリングなどを受けたED治療もあると思います。

そしてほかにも、ED治療には陰茎海綿体に注射をして勃起をさせて行う治療方法も行われています。

これはED治療薬がまだ無かった時代に行われている治療方法で、外国では自分で注射することが一般的ですが日本ではこのED治療の注射を自分で行うことは許可が下りていません。

ED薬ができてからはこの方法でのED治療はほとんどなく、ED治療薬でも効果が無かった場合に適応されるそうです。

また、ED治療には勃起補助具をつけて勃起させて勃起を継続させるという器具を使ったED治療もあります。

EDの原因で陰茎の血管に何らかの症状があるという場合には手術をしてED治療をする場合もあるといわれていますが、万が一手術に失敗した場合は完全にEDになってしまうことがあるので注意が必要な手術です。

ED治療は一般的には一番多いのが薬を使ったED治療ではありますが薬が使えない人や、薬で効果がなかった人にはこれらの別のED治療が行われているのが現状のようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。