EDのホルモン療法

EDのホルモン療法について紹介したいと思います。

EDのホルモン療法ではEDの原因が男性ホルモンが減少によるものだというところから、男性ホルモンを注射することによってEDの症状を改善しようという治療方法です。

EDのホルモン療法は注射によって男性ホルモンを体の中に入れてそれによって低下している勃起機能を改善してEDを治療しようというものです。

このED治療に使われている男性ホルモンというのは市販の精力剤などにも含まれていて市販の精力剤がEDに効くというのはきっと男性ホルモンが体の中に入ったことで勃起する力が出てきてEDが改善されていると思われます。

男性ホルモンは年齢を重ねるごとに低下していくといわれていますから、EDのホルモン療法は比較的若い世代の人たちよりも、年齢が50代から60代の男性のED治療に使われることが多いといわれています。

男性ホルモンは自分の体の中にどれくらいあるのかということを病院で測定することができます。

測定の結果EDが男性ホルモンンの減少からおきているなどという事がわかると思います。

男性ホルモンによってEDになっているのかどうか気になるという人は一度病院で男性ホルモンについて調べてもらったり、EDの相談をするといいと思います。

EDの心理療法

EDの心理療法について紹介したいと思います。

EDの心理療法というのは何かというと、20代から30代の若い人に多いEDの症状で心因性EDというのがあります。

これは精神的なことからEDになる症状のことを言います。

ED治療薬を使ってEDを治療するのですがそれだけでは心因性EDの根本的な治療にはなりませんから、それと同時にEDン心理療法を行う必要があるといわれています。

EDの心理療法では例えばまた失敗してしまったら等と考えてしまうプレッシャーなどを自分でコントロールできるようになるために、EDの相談に乗ったりカウンセリングなどを行うことが目的なんだそうです。

EDの心理療法はカウンセリング中心で、カウンセリングを行ってEDの症状を改善しようというものです。

ストレスがたまっていることが原因でEDになっているのであればそのストレスを改善できるように考えたりといった色々な方法がとられています。

EDの心理療法は心因性EDの人には効果がありますが、カウンセリングを受けて直すだけでなく、ED治療薬との併用がいいといわれています。

EDの心理療法ではパートナーと一緒に受けてもいいですし本人だけで受けてもいいと思います。


EDの薬物治療

EDの治療には色々な方法があるといわれています。

例えば一番多いはED治療薬を使ってEDの治療をすることです。

EDを薬で治療する場合には、まず一度ED治療薬を飲んでみてそれからEDに効き目があったかどうか確かめるという治療法になります。

もしもEDの患者が糖尿病にかかっている場合や高血圧症にかかっている場合には、生活習慣病の治療を同時に行わないとEDは治療することが出来ません。

EDの治療はほとんどの場合が投薬による治療が多いといわれているのですが中には、心臓病を患っている場合などにはEDの治療薬を使うことが出来ないこともあるといわれています。

EDの治療薬を使うことが出来ない人には、漢方薬を処方してED治療を行ったり、EDでの薬物治療は断念してその他のEDの治療に切り替えることがあります。

EDの治療薬といえば巷で有名なバイアグラですがこちらは服用して2時間してから4時間ほど効き目があるといわれていますからEDの症状がある人がのんでこれで効果があらわれれば、EDの薬物治療がそのまま進められます。

EDの薬は飲み続けることによって完全にEDになってしまうとか、依存してしまうということはないといわれていますし、EDの薬を飲んで性交をして妊娠してしまった場合でも問題ないといわれています。


タグ:薬物治療
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。