EDの問診と診断

EDの問診と診断について紹介したいと思います。

EDの問診と診断ではまずは医師が患者がかいた問診表をもとにして、口頭でEDについての問診をします。

EDの治療の場合は他の病気と違って医師と向かい合って話すとEDという内容が内容だけに上手く話せない人もいるようですが、あまり緊張せずに、雑談すると思ってEDについて気軽に相談するのが一番いいと思います。

初診の時には問診を行って採決や尿検査などの簡単な検査をして、その結果と問診の結果をあわせてEDであるかということを判断して原因についても説明があると思います。

そしてEDであると診断された場合には、すぐにEDの治療をすることになると思います。

問診だけで場合によってはEDであると判断された時には、EDの治療薬が渡されてすぐに治療が開始されると言うこともあるようです。

そしてED治療薬を使ってみて効果があらわれればそれでいいのですが効果が現れない場合には、また診察してもらって追加のED治療が行われることになると思います。

EDの治療薬を処方してもらう場合には、症状にあわせて処方されるわけですが、中には薬を使えない人もいますからその場合は医師と相談して漢方薬などを使ったり、心因性EDの場合にはカウンセリングなどを受けることになります。

EDの問診表

EDの治療で医療機関を訪れたときにはまずはEDの問診表をかくと思います。

EDの問診表ではどのようなことを聞かれるのかを紹介したいと思います。

EDの問診表は医療機関によってそれぞれ違っていますがEDの問診表で一般的な物を紹介したいと思います。

まずEDの問診表では性的な刺激を受けて勃起するのかについて聞かれると思います。

これはパートナーでも写真でも見る状況によっての違いも聞かれると思います。

そして性的行為をした際の勃起の状況についてもEDの問診表では聞かれます。

また性交の回数や勃起の維持についても聞かれると思います。

またEDの問診表で性交の際の満足度なども聞かれるといわれています。

EDの問診表をもとにして、医師がEDについて診断をしてくれますからEDの問診表はEDの治療を始めるに当たって重要なことになるといえると思います。

EDの治療を始める、EDの治療を初めて病院で見てもらう際にはこのEDの問診表によって医師はEDであるかどうかなどをチェックしますから普段の事をきちんとありのまま書くのがいいでしょう。

EDの問診表の内容は医療機関によって色々ですし、中には問診表はなくて口頭での問診の場合もあるそうです。

タグ:問診表

どこの病院で相談するED

EDの治療を始める際にまずは病院を選ばなくてはいけません。

最近ではインターネットなどでEDの治療を行っている病院などを探すことが出来るようになっていますから、担当する医師の考え方や、治療の方針などを読んでEDの病院を選ぶといいと思います。

EDの治療をする場合には、泌尿器科に行くわけですが中でも日本性機能学会の会員である病院ですとEDに詳しいといわれていますからそれ参考に選ぶようにしましょう。

EDは少し言いづらい病気でもありますからEDの病院探しをためらったり面倒に思えたりする人もいると思いますがEDの病院を早めに探して対処することがEDを早く治療することにつながります。

EDの受診前には、個人情報の取り扱いをきちんとしている病院かどうかも確認しておく必要があると思います。

EDの治療を行っている病院ばかりを掲載しているインターネットのサイトなどもありますからそちらを参考にしてEDの治療を行う病院を探してみるといいとおもいます。

EDは出来るだけED専門の治療を行っているところで見てもらうのが信頼も出来ますし安心です。

泌尿器科で診てもらえることは診てもらえるのですがやはりED外来やED相談を行っているところで見てもらうのがいいと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。